浅草・吉原の花魁道中

東京・浅草で行われた吉原を再現した祭り

浅草で毎年行われる花魁道中を、4月13日に見てきました。

初めてでもあり、以前からポスターを見て興味を抱き開始時間に奥浅草へ行くことにしました。

東京・浅草の花魁道中の女性ら(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

そこには本当に多数の人が既にきており、花魁の方々が通るであろう場所は、既に何列にもなり人が場所を取っていました。

花魁の方々が通って来ても、写真を撮るにも、人が多く遠くからしか撮ることができませんでした。

東京・浅草の花魁道中の人々(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

この道中は、花魁の方々が行きの道中、帰りの道中と時間が決まっていたので、帰りの道中の始まる1時間前に場所を確保して、しっかりと写真を撮ることができました。

それにしても、本当に花魁の方々は美しい。江戸時代の吉原を花魁を再現しているようです。

東京・浅草の花魁道中の女性(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

江戸・吉原の遊女というのは、歴史小説でしか読んだことがなく、初めて見ることができましたが、想像以上に美し、驚きました。

歴史があり、かつ今でも残っているのが日本の良さでもあります。

東京・浅草の花魁道中の人々(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

多くの海外からの観光客も多く、そこまで知られていないこのパレードに参加しているのも、驚きでした。

東京・浅草の花魁道中の一同(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

また、来年も早めに席を確保して、写真撮りに行こうと思いました。

東京・浅草の花魁道中の一同(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

瞑想を歯を磨くように習慣化する

瞑想とは筋トレのようなものである

瞑想はやればやるほどより効果的に深い意識に到達します

瞑想ちょっとやったからといって、うまくいかないと悩む必要はありません。それは筋トレを少しして、すぐにボディービルダーになれないと悩んでるようなものです。

瞑想を日々の習慣にすることが1番大切なことだと思います。やればやるほど瞑想は上達していきます。

朝起きてからすぐに瞑想。寝る前の就寝時に瞑想の1日に最低2回は時間を確保して瞑想してみてください。時間としてはおよそ15分前後で良いと思います。

大切な事は無理のない範囲でやること。そしてできる範囲で毎日やるように心がけることです。

瞑想を歯を磨くように毎日の習慣にしてしまえば自然と瞑想力が上がってきます。そして今までの瞑想する前の自分とは異なりより、ストレスを軽減し穏やかにマインドフルネスな思考も身についてきます。

まとめ

最初の目標として、瞑想を習慣化すること。1日2回朝起きた直後、就寝前。およそ15分前後。

好きなことやる事 = フロー状態

世の中で圧倒的な成果を出すためには、フロー状態に入ること

フロー状態に入るという事は、自分と自分の周りの世界とが一体感を持っており、過去や未来について考え、恐れや不安を感じることなく、今この瞬間だけにフォーカスしている状態だと思います。

どんな時にフロー状態になるか、自分の行動に着目してみましょう。

そしてフロー状態に入ったことを忘れないようにメモっておき、自分がどんなことに、どんなことをすればフローの状態で入れるか記憶に留めておきましょう。

ちなみに私がフローに入る時は、瞑想する時と、写真を撮る時がフロー状態に入っているといえます。

このフロー状態の時は、は少しエネルギーが高くなり高揚した気分にもなります。

同時に一体感というものを感じることができ、自分の内側とつながっている感覚にもなります。

世の中で成果を出す人、大きなことをやり遂げる、人に影響与えるためには高い意識状態に入ることが大切です。

フロー状態はこの高い意識の状態になっていると思います。

スポーツ選手が良い結果を出すには、集中しているフロー状態に入る時が最も効果的と言われています。

これはスポーツに限らず、あらゆることに通じるのではないでしょうか。

・普段から自分の波動が高まるようなことだけをやるようにする。

・自分の波動が下がるような事はなるべくやらないようにする。

そうすることで、自分の日常生活がより楽しく、心地よい状態で過ごせるようになっていきます。

自分の好きなことをやると言う事は、心地よいこと。そして自分の意思が高まるようなことをやり続けることです。

だからこそ、自分の好きなことを見つけることが大切とも言えます。

自分を変えると言う事は、自分の「今の意識」を変えると言う事

自分の意識を変える

自分が成長したと思う時というのは、「今の自分の意識」から「新たな別の意識」へと変わった時だと思っています。

つまり、これまでの常識から別の常識へと変わったこと。

これまでできないと思ったことが、できること。そういったことが自分の成長したと思います。

自分の意思を変えることが、自分の成長につながると思います。

では、自分の意識を変えるには、どうしたら良いか。それは、これまでやったことないこと、新しいことに挑戦すること。

本を読み、新たな知識を手に入れること。

これまでにあったことのない人に会うこと。

こういったことをやることによって、自分を変化させることができると思います。

ポイントになる事は、やはりこれまでやったことなりこと、未知なる事をやることだと思っています。

大抵の場合、新しいことをやると言うことは、「恐怖」を伴うのではないでしょうか。

恐怖との向き合い方

この恐怖と言うものは1つのシグナルでもあります。

これまで自分から、新しい自分へと変わる行為だと言うシグナルでもあります。

なので、この恐怖を感じた事はやる価値があります。

この「恐怖心」を喜んでみてください。

自分をどんどん成長させている人は、この「恐怖心」を感じながらも、恐れずひるむことなく、新しいことに取り組んでいる人だと思います。

誰しも、この恐怖心を味わい感じます。

この恐怖は、突き詰めてみると「未知ゆえのへの恐怖」

恐怖心をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉え直してみてください。

そして、この恐れを直視してみてください。

この恐れを直視して、自分の恐れをわかってしまえば、怖いものではありません。

人は恐れを直知ることが怖いのです。

今の世の中、この恐れと言うものをベースに社会が成り立っています。

欠乏への恐怖。

お金がなくなのではないかという恐怖。

このような恐怖心を乗り越えていくことが、自分が変わる。そして世界が変わる行為ともいえます。


そもそも「お金」とは

お金とは、単なる交換ツールである。

これがお金の本質的な意味は無いでしょうか。

太古の昔の人々は物を交換するとき、石を使っていたこれがお金の始まりとも言える。

そしてお金とは本来この石のような性質を持っているだけであったものの、この資本主義社会で生きている私たちにとっては、お金とは単なる交換手段ではなく、それ以上のものになってしまったとだと思います。

そして、このお金というものに様々な意味付けをしている。お金のために、自分を犠牲にしたり、お金に悩んだり苦しんだりしている。

お金に振り回されているとも言えます。

お金に対して、どのような観念を持つかで、自分とのお金との関係性がわかる。

お金がないと不安になる。

お金が得られると嬉しいと思うのは、それはお金があれば安心するからです。

根底にはお金がないと生きていけないのはないのかと言う、「恐怖」があるからだと思います。

このあたりのことを認識して、しっかりと自分自身に向き合う必要があるのだと思います。

自分とお金との関係を良くすることで、結果的にお金もどんどん増えていく。

そしてこの「お金」と言うものに対する考え方は、多くは親の影響を受けています。

自分の幼少期の頃に、無意識に親の価値観が染み込んでおり、そのまま親の考え方が自分のお金に対する価値観となっていきます。

お金持ちの親の下で育てば、自分自身もお金持ちになる可能性は高いです。逆に言えばお金持ちない親のもとで育った子は、自分自身も金持ちにはならない可能性が高いです

これは、親と同じお金に対する価値観を有しているからです。

今の社会では、いろいろなことが絡み合った状態でお金を見ています。

だから一度お金に対する本質的な見方と言うものを考えたら、良いのではないかと思います。

私が思うお金と言うものは本質的には交換ツールである。

お金は交換ツールであるそれ以上でもそれ以下でもない。

以前読んだ記事でホリエモンさんが言っていたお金というのは、自分にとって爪切りのようなものであり「道具」であると言っていたが、まさにそれが本質なことなのだろう。

そしてホリエモンは、そのことを知っているからこそ自然とお金が集まってくる。

フリーランスになってみて、「マーケティング」の重要さに気づく

マーケティングの大切さ

フリーランスで働くときに、痛切に感じるのはマーケティングの大切さです。

いくら自分が優れた仕事ができたとしても、潜在的な顧客に知ってもらえなければ、仕事を得ることができません。

仕事がないと、フリーランスは厳しいものです。

以前、会社員でエンジニアで働いていた頃、私はビジネススクールに通っていました。

その頃、授業で当然マーケティングを勉強しました。

が、その時はマーケティングの必要性をあまり感じることなく、ただ知識として学んでいたのであまり自分の身につかなかったと思います。

けれども今フリーランスになってみて、セミナーでマーケティングを学ぶ機会がありましたがいくつもの発見がありました。

同じマーケティングを学んでいても、自分の置かれる状況によって全く学習効果、得るものが異なるのだと実感しています。

この前参加したセミナーで教わったマーケティングでは、値段・製品・アクセス・サービス、そしてユーザエクスペリエンスの、この5つを高めることによって顧客を満足させ、仕事を得られるコツなんだと説明されており、

その時、私はかなり深く納得しました。

フリーランスで写真をやっていると、ついつい自分の写真が良ければ、それだけで仕事が来るのかと思っていました。

どれぐらい値段に設定するか。そしてアクセス。例えば簡単にインターネットで検索できるmもしくは連絡を簡単に取れる度合いによっても、仕事を得られるかどうかも違います。

また、当然クライアントとの良好な関係性を築くこと。

連絡を頂いた時に、レスポンスを早くすること。こういったサービスも写真家には求められます。

そしてクライアントと実際仕事をしたと言う経験によって、お互い知ることもできるので、以降仕事の依頼をしやすくなるという要素でもあります。

マーケティングには正解がない

マーケティングには正解はありません。

けれども、自分にビジネスを行う場合、必ずマーケティングの必要性を感じます。

仕事をしながら、マーケティングを学びつつ、学んだことでトライアンドエラーで、マーケティング力を高めていくことによって、自分のブランドを高めていけるのが理想ではないでしょうか。

「グッドウェーブ」は人に伝わる

自分が思いを込めたことが必ず伝わります

それがモノであろうと文章であろうと。

そのことが顕著に感じるのは、絵を見た時ではないでしょうか。

絵画でも本物の絵と、その本物コピーしたいとでは、見た目は同じではありますが。

絵を前にした時の、エネルギーの違いが分かってしまいます。

やはり、その人が実際に描いたことによるエネルギーが本物の絵画には含まれているからだと思います。

そして、これは絵画だけにかかわらず文章などでも伝わってきます。

何か心を動かされるなと思う文章というものは、それを書いた人の意識のレベルが高かったり、良い波動で文章書いたものが、伝わってくるからだと思います。

世の中に影響を及ぼすような成果を出すには、自分自身が良い状態でいること。理想を言えば、自分の好きなことやること

このことは料理でも言えると思います。

私は料理の美味しさには、2つの座標軸があり舌の感覚でおいしいと感じるかどうか。

そして、魂が込められた手作りの料理か、人工的であるかどうかという2つの軸を持っています。

例えば、外食産業などの料理は美味しく作られています。

けれども、機械で作られたり、人工的に作られているので魂が入ったものではないので、エネルギーが低いです。

家の料理や、手作りの料理と言うものは味が美味しかったり美味しくなくても構いませんが、やはりその何かこころを動かすものがあります。

理想を言えば料理の味が美味しく、そして心のこもった料理が1番最高の料理だと思います。

これが手作り料理のおいしさの秘訣でもあります。

まとめ

このようにあらゆる物事にはグッドウェーブと言うものが込められた方が良いものとなり、人の心を動かし、人に伝わってきます。

もし自分が作り出している物を、より良いものにするには自分が良い状態でいること。

好きなことやること、良い環境であることで、より良いものが作れると思います。

グッドウェーブが入った作品を作りましょう。

この世界は、自分の「意識」で形成されている

この世界はとにかく、自分の思考でできている。

まずこの認識を持つことが大事です。

つまり、自分の人生と言うものはこれまで自分の意識、無意識にせよ想い描いたものが形となってあらわれています。

ならばなぜ思ったようにうまくいかない日が続くのだろうと思うことはあるかもしれません。

自分の人生は、自分には決められない。

周りの環境のせいだ、自分ではどうすることもできないという決めつけをしていると、なかなか自分の人生は自分で決めていると思えないものです。

この世界は、自分の思考が全てだと言われても、すぐには信じられないかもしれません。

すぐにこの考えを受け入れることができれば理想ですが、まずはそうなのかもしれないなと疑問でもいいので、一度この考えを否定することなく、少し受け入れてみてください。

自分が願ったことが実現すると言うことも聞いた方も多いかもしれません。

何度か自分の願いをイメージしたけれどもすぐには結果が出ず、うまくいかなかったという経験もあるかもしれません。

それでも、掘り下げてみると、もしかしたらほんのわずかに、イメージしただけかもしれません。

それ以外の大半の時間は、別のことを考えていたり、想いが実現する逆のことを考えているのではないでしょうか。

自分が望むことばかりを考えていれば物事が実現します。

それはとてもシンプルなことなんです。ただどうしてもずっとそのことばっかり考える事は難しいかもしれません。

ではどうすればいいか。

もう一つコツとなることが、自分の無意識に考えていることを発見すること

さらに掘り下げると、自分のこれまで築き上げた無意識の部分を自分自身で気づくこと。

自分がこんなことを考えていたんだと気づきを得る機会を増やすことです。

そうすれば自分の思考と言うものの癖が分かります。

思考の癖と言うものは、なかなか自分ではわからないものです。

そのことを常に考えている無意識となって形成されてしまっているのです。この部分を変えてしまえば、昨日よりも今日と自分は変わることができます

この無意識の思考は、幼少期の頃に受け入れてしまったこと、親の価値観を受け継いでいることが多いです。

気づきを得るには、私がオススメすることは瞑想することです。

瞑想してるとき、自分の無意識のネガティブな観念と言うものは少しずつ無くなっていきます。浄化されていきます。無意識から意識へと現れてきます。

また瞑想中に、自分の思考の癖と言うものに気づきが得られます。

瞑想は、時間がある時にやってみることです。

例えば、朝起きてからの15分間。

目を閉じ姿勢を楽にして、瞑想をおこなってください。

習慣化していくことで、瞑想を生活の一部にしていきましょう。

そうすればより早く気づきが得られます。

自分自身の本来の姿輝きを取り戻しやすくなると思います。

私は、人は皆真珠のようなもんだと思っております。

というのも、いろんな教育や社会常識なのでこの真珠の周りに大きな殻ができてしまってしまい、本来の輝くような自分の光が放てなくなっているのではないでしょうか。

自分自身の本来の光を取り戻すためには、やはりこのネガティブな思考で覆われた殻を壊していく事です。

自分のネガティブな思考をポジティブに変えること。

自分のワクワクに従って行動すること。この2つをやり続けることによってこれまで築き上げてきた自分の殻と言うものを破って行きますまたそうすることによって、本来の自分自身のの光を取り戻すことができます。

この世界と言うものは自分が作り上げたものです。

あらゆること全て自分の責任を持ってください。

この世界の出来事は自分自身が引き起こしています。まずはこの自覚を持ちましょう。

平均寿命100歳突破していく未来へのアクション

普通の人も人生100年以上生きます

これまでの人生設計と言うのは学生。その後、社会人となり1つの企業で働き、定年を迎える。定年になって老後の暮らしという人生のパターンを描いているのではないでしょうか。

現在、定年の年齢がどんどん引き上げられています。今後も引き上げられていくことでしょう。

定年の引き上げは、先進国ではどこでも悩みどころになっています。なぜなら平均寿命がどんどん上がってきています。ちなみに世界の平均年齢は70歳です。

日本人の場合、今後のテクノロジーも考慮すると平均年齢100歳を超えるのも時間の問題だと思います。

さてそこで問題となるのは定年後のことです。定年後の人生は何十年と続きます。

もしかしたら今まで以上にない何十年の空白の期間

多くの方は、生まれてから小学校、中学、高校と進み、学生の学びの期間。

そして社会人として働き、定年まで働き続ける。そして定年後は、人生史上最大の経験したことのない空白の期間となります。

自分がやりたいことがある人は、特に間そこに問題はありません。なぜならばその空白の時間を自分の好きなことにあてはめることができるからです。

そうではなく、今まで漠然と多くの人が歩むような道を歩んできたサラリーマンの人にとっては、定年後の人生をどうしたら良いかと言うのは考えるべきことだと思います。

この壮大な時間をどうするか?

漠然と過ごし、年金暮らしだけで満足でしょうか?

定年後を楽しく過ごすには、やはりそれは自分の好きなことをやっていくこと。

かつ自分の好きなことやって収入を得られることが1番理想の生き方ではないでしょうか。

ただ、年金をもらって生活するだけでは面白くありません。

そしてこれは、定年の人だけに当てはまるのではなく、現在働いている人。

そして今後、社会に出て働こうとする学生にも言えることです。皆に当てまり、考えるべきテーマとも言えます。

もはやこれまでの人生プランと言うものは、古い20世紀型ともいえます。

私たちは21世紀型のライフプランを考える必要があります。

私が提唱するのは、定年という考え方をなくすことです。

究極的には、自分の好きなことをやる。そしてそこから収入を得られることが理想だと思います。

世界はいずれベーシックインカムになると思います。そうなってくると働かなくてもよく、働きたい人だけ働くというような生活になります。

この状況はもはや定年後の人々の生活と一緒だと思います。

そうなると、自分の幸福の追求したくなるものです。

幸せの状態、楽しいと思えるような毎日を送りたいものです。

そのためにも、やはり自分の好きなことをまず見つけることです。

そして自分の好きなことを追求していく。時間かけてやり続ければ必ず向上していきます。仕事としての機会が見つかり、そこからさらに広がっていきます。

そうなってくると、後はこの循環を続けていくだけです。

人生はとてもシンプルです。そこまで難しいものでもありません。

自分の好きなことがわからないと言う人は、まずは様々なことをやってみてデータを集めることです。

自分になって何が楽しいのか。これは好きじゃない、楽しくないとわかることが大切です。

そのためにはたくさんの経験をすることだと思います。経験をすることによって、自分の頭に描いたものではなく皮膚感覚で、自分が好きであるかそうではないかはっきりします。

まずは、どんどん動いてみることです。

そして自分の好きな事は何かと言うデータを集めることが最初のステップになります。

次に、おぼろげながらも自分の好きなことがわかってくると思います。

そうなってくると、実際にそのことをに時間を割いてみてやってみることです。

すぐに結果を求めてしまいがちですが、人によってはすぐ結果が出るかもしれませんが、普通はタイムラグがあり、まずは続けていくことです。ポイントは、あまり期待をしないこと。そうではなく時間を費やして、自分の好きなことをやっていくことです。

自分には好きなことがない。自分ではできないとあきらめることなく、自分の好きなことやるぞという決意を持って、自分の好きなことを見つけていきましょう。

人生を100年以上ですもしかしたら、さらにプラスして約50年以上続くかもしれません。

この長い人生をどのような時を過ごせるかが大切なのではないでしょうか。そのためにも自分の好きなことやること、これが1番です

「モヤモヤ」するときにやること

モヤモヤすると思ったらノートに書き殴ること

頭の中はごちゃごちゃする、クリアにならないと思った場合は、自分の考えが頭の中に溜まった状態でいるからです。

頭をクリアにするには、その思考などたまったものを吐き出すことが必要です。

何事もインプットとアウトプットのバランスが大切です。

そのために、まず朝起きてから自分が思ったことを、ただ書きなぐって書き出す必要があります。

この時にゆっくり清書して書かない。とにかく思いついたことををそのままノートに書き殴ってしまうことです。

殴り書きでいいです。バッート書いてしまう。

書くということは、頭の中に溜まった考えを吐き出すことが目的です。きれいに書く必要はありませんなるべく、無意識に近い形で書きだすことです。

こんなこと書いてもいいのだろうか?こんなしょうもないこと書いてなんになるだろうかなと思うかもしれません。

けれども、思いついた事をノートに書くこと。文字化することによって頭の中がスッキリしてきます。

ノートに思ったことを書く行為は、1つのセラピーとも言われます。

このやり方は、世界的な有名なデールカーネギーの本でも述べられていました。

悩みが多い場合、ストレスを感じるときにノートに書き殴ることが良いとされてます。

また昨日、本屋でたまたま読んだ本でも、自分の思ったことをノートに書くことによって、自分のクリエイティブなスペースが生まれる。

ノートに書くという行為をやった方が良いと述べていました。

やることはとてもシンプルかもしれません。

けれども、朝起きてすぐにこノートに書き殴ると言うことが頭でもスッキリすると思いますので、一つ騙されたと思ってぜひやってみることをお勧めします。