そもそも「お金」とは

お金とは、単なる交換ツールである。

これがお金の本質的な意味は無いでしょうか。

太古の昔の人々は物を交換するとき、石を使っていたこれがお金の始まりとも言える。

そしてお金とは本来この石のような性質を持っているだけであったものの、この資本主義社会で生きている私たちにとっては、お金とは単なる交換手段ではなく、それ以上のものになってしまったとだと思います。

そして、このお金というものに様々な意味付けをしている。お金のために、自分を犠牲にしたり、お金に悩んだり苦しんだりしている。

お金に振り回されているとも言えます。

お金に対して、どのような観念を持つかで、自分とのお金との関係性がわかる。

お金がないと不安になる。

お金が得られると嬉しいと思うのは、それはお金があれば安心するからです。

根底にはお金がないと生きていけないのはないのかと言う、「恐怖」があるからだと思います。

このあたりのことを認識して、しっかりと自分自身に向き合う必要があるのだと思います。

自分とお金との関係を良くすることで、結果的にお金もどんどん増えていく。

そしてこの「お金」と言うものに対する考え方は、多くは親の影響を受けています。

自分の幼少期の頃に、無意識に親の価値観が染み込んでおり、そのまま親の考え方が自分のお金に対する価値観となっていきます。

お金持ちの親の下で育てば、自分自身もお金持ちになる可能性は高いです。逆に言えばお金持ちない親のもとで育った子は、自分自身も金持ちにはならない可能性が高いです

これは、親と同じお金に対する価値観を有しているからです。

今の社会では、いろいろなことが絡み合った状態でお金を見ています。

だから一度お金に対する本質的な見方と言うものを考えたら、良いのではないかと思います。

私が思うお金と言うものは本質的には交換ツールである。

お金は交換ツールであるそれ以上でもそれ以下でもない。

以前読んだ記事でホリエモンさんが言っていたお金というのは、自分にとって爪切りのようなものであり「道具」であると言っていたが、まさにそれが本質なことなのだろう。

そしてホリエモンは、そのことを知っているからこそ自然とお金が集まってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です