好きなことやる事 = フロー状態

世の中で圧倒的な成果を出すためには、フロー状態に入ること

フロー状態に入るという事は、自分と自分の周りの世界とが一体感を持っており、過去や未来について考え、恐れや不安を感じることなく、今この瞬間だけにフォーカスしている状態だと思います。

どんな時にフロー状態になるか、自分の行動に着目してみましょう。

そしてフロー状態に入ったことを忘れないようにメモっておき、自分がどんなことに、どんなことをすればフローの状態で入れるか記憶に留めておきましょう。

ちなみに私がフローに入る時は、瞑想する時と、写真を撮る時がフロー状態に入っているといえます。

このフロー状態の時は、は少しエネルギーが高くなり高揚した気分にもなります。

同時に一体感というものを感じることができ、自分の内側とつながっている感覚にもなります。

世の中で成果を出す人、大きなことをやり遂げる、人に影響与えるためには高い意識状態に入ることが大切です。

フロー状態はこの高い意識の状態になっていると思います。

スポーツ選手が良い結果を出すには、集中しているフロー状態に入る時が最も効果的と言われています。

これはスポーツに限らず、あらゆることに通じるのではないでしょうか。

・普段から自分の波動が高まるようなことだけをやるようにする。

・自分の波動が下がるような事はなるべくやらないようにする。

そうすることで、自分の日常生活がより楽しく、心地よい状態で過ごせるようになっていきます。

自分の好きなことをやると言う事は、心地よいこと。そして自分の意思が高まるようなことをやり続けることです。

だからこそ、自分の好きなことを見つけることが大切とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です