平均寿命100歳突破していく未来へのアクション

普通の人も人生100年以上生きます

これまでの人生設計と言うのは学生。その後、社会人となり1つの企業で働き、定年を迎える。定年になって老後の暮らしという人生のパターンを描いているのではないでしょうか。

現在、定年の年齢がどんどん引き上げられています。今後も引き上げられていくことでしょう。

定年の引き上げは、先進国ではどこでも悩みどころになっています。なぜなら平均寿命がどんどん上がってきています。ちなみに世界の平均年齢は70歳です。

日本人の場合、今後のテクノロジーも考慮すると平均年齢100歳を超えるのも時間の問題だと思います。

さてそこで問題となるのは定年後のことです。定年後の人生は何十年と続きます。

もしかしたら今まで以上にない何十年の空白の期間

多くの方は、生まれてから小学校、中学、高校と進み、学生の学びの期間。

そして社会人として働き、定年まで働き続ける。そして定年後は、人生史上最大の経験したことのない空白の期間となります。

自分がやりたいことがある人は、特に間そこに問題はありません。なぜならばその空白の時間を自分の好きなことにあてはめることができるからです。

そうではなく、今まで漠然と多くの人が歩むような道を歩んできたサラリーマンの人にとっては、定年後の人生をどうしたら良いかと言うのは考えるべきことだと思います。

この壮大な時間をどうするか?

漠然と過ごし、年金暮らしだけで満足でしょうか?

定年後を楽しく過ごすには、やはりそれは自分の好きなことをやっていくこと。

かつ自分の好きなことやって収入を得られることが1番理想の生き方ではないでしょうか。

ただ、年金をもらって生活するだけでは面白くありません。

そしてこれは、定年の人だけに当てはまるのではなく、現在働いている人。

そして今後、社会に出て働こうとする学生にも言えることです。皆に当てまり、考えるべきテーマとも言えます。

もはやこれまでの人生プランと言うものは、古い20世紀型ともいえます。

私たちは21世紀型のライフプランを考える必要があります。

私が提唱するのは、定年という考え方をなくすことです。

究極的には、自分の好きなことをやる。そしてそこから収入を得られることが理想だと思います。

世界はいずれベーシックインカムになると思います。そうなってくると働かなくてもよく、働きたい人だけ働くというような生活になります。

この状況はもはや定年後の人々の生活と一緒だと思います。

そうなると、自分の幸福の追求したくなるものです。

幸せの状態、楽しいと思えるような毎日を送りたいものです。

そのためにも、やはり自分の好きなことをまず見つけることです。

そして自分の好きなことを追求していく。時間かけてやり続ければ必ず向上していきます。仕事としての機会が見つかり、そこからさらに広がっていきます。

そうなってくると、後はこの循環を続けていくだけです。

人生はとてもシンプルです。そこまで難しいものでもありません。

自分の好きなことがわからないと言う人は、まずは様々なことをやってみてデータを集めることです。

自分になって何が楽しいのか。これは好きじゃない、楽しくないとわかることが大切です。

そのためにはたくさんの経験をすることだと思います。経験をすることによって、自分の頭に描いたものではなく皮膚感覚で、自分が好きであるかそうではないかはっきりします。

まずは、どんどん動いてみることです。

そして自分の好きな事は何かと言うデータを集めることが最初のステップになります。

次に、おぼろげながらも自分の好きなことがわかってくると思います。

そうなってくると、実際にそのことをに時間を割いてみてやってみることです。

すぐに結果を求めてしまいがちですが、人によってはすぐ結果が出るかもしれませんが、普通はタイムラグがあり、まずは続けていくことです。ポイントは、あまり期待をしないこと。そうではなく時間を費やして、自分の好きなことをやっていくことです。

自分には好きなことがない。自分ではできないとあきらめることなく、自分の好きなことやるぞという決意を持って、自分の好きなことを見つけていきましょう。

人生を100年以上ですもしかしたら、さらにプラスして約50年以上続くかもしれません。

この長い人生をどのような時を過ごせるかが大切なのではないでしょうか。そのためにも自分の好きなことやること、これが1番です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です