自分を変えると言う事は、自分の「今の意識」を変えると言う事

自分の意識を変える

自分が成長したと思う時というのは、「今の自分の意識」から「新たな別の意識」へと変わった時だと思っています。

つまり、これまでの常識から別の常識へと変わったこと。

これまでできないと思ったことが、できること。そういったことが自分の成長したと思います。

自分の意思を変えることが、自分の成長につながると思います。

では、自分の意識を変えるには、どうしたら良いか。それは、これまでやったことないこと、新しいことに挑戦すること。

本を読み、新たな知識を手に入れること。

これまでにあったことのない人に会うこと。

こういったことをやることによって、自分を変化させることができると思います。

ポイントになる事は、やはりこれまでやったことなりこと、未知なる事をやることだと思っています。

大抵の場合、新しいことをやると言うことは、「恐怖」を伴うのではないでしょうか。

恐怖との向き合い方

この恐怖と言うものは1つのシグナルでもあります。

これまで自分から、新しい自分へと変わる行為だと言うシグナルでもあります。

なので、この恐怖を感じた事はやる価値があります。

この「恐怖心」を喜んでみてください。

自分をどんどん成長させている人は、この「恐怖心」を感じながらも、恐れずひるむことなく、新しいことに取り組んでいる人だと思います。

誰しも、この恐怖心を味わい感じます。

この恐怖は、突き詰めてみると「未知ゆえのへの恐怖」

恐怖心をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉え直してみてください。

そして、この恐れを直視してみてください。

この恐れを直視して、自分の恐れをわかってしまえば、怖いものではありません。

人は恐れを直知ることが怖いのです。

今の世の中、この恐れと言うものをベースに社会が成り立っています。

欠乏への恐怖。

お金がなくなのではないかという恐怖。

このような恐怖心を乗り越えていくことが、自分が変わる。そして世界が変わる行為ともいえます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です