平均寿命100歳突破していく未来へのアクション

普通の人も人生100年以上生きます

これまでの人生設計と言うのは学生。その後、社会人となり1つの企業で働き、定年を迎える。定年になって老後の暮らしという人生のパターンを描いているのではないでしょうか。

現在、定年の年齢がどんどん引き上げられています。今後も引き上げられていくことでしょう。

定年の引き上げは、先進国ではどこでも悩みどころになっています。なぜなら平均寿命がどんどん上がってきています。ちなみに世界の平均年齢は70歳です。

日本人の場合、今後のテクノロジーも考慮すると平均年齢100歳を超えるのも時間の問題だと思います。

さてそこで問題となるのは定年後のことです。定年後の人生は何十年と続きます。

もしかしたら今まで以上にない何十年の空白の期間

多くの方は、生まれてから小学校、中学、高校と進み、学生の学びの期間。

そして社会人として働き、定年まで働き続ける。そして定年後は、人生史上最大の経験したことのない空白の期間となります。

自分がやりたいことがある人は、特に間そこに問題はありません。なぜならばその空白の時間を自分の好きなことにあてはめることができるからです。

そうではなく、今まで漠然と多くの人が歩むような道を歩んできたサラリーマンの人にとっては、定年後の人生をどうしたら良いかと言うのは考えるべきことだと思います。

この壮大な時間をどうするか?

漠然と過ごし、年金暮らしだけで満足でしょうか?

定年後を楽しく過ごすには、やはりそれは自分の好きなことをやっていくこと。

かつ自分の好きなことやって収入を得られることが1番理想の生き方ではないでしょうか。

ただ、年金をもらって生活するだけでは面白くありません。

そしてこれは、定年の人だけに当てはまるのではなく、現在働いている人。

そして今後、社会に出て働こうとする学生にも言えることです。皆に当てまり、考えるべきテーマとも言えます。

もはやこれまでの人生プランと言うものは、古い20世紀型ともいえます。

私たちは21世紀型のライフプランを考える必要があります。

私が提唱するのは、定年という考え方をなくすことです。

究極的には、自分の好きなことをやる。そしてそこから収入を得られることが理想だと思います。

世界はいずれベーシックインカムになると思います。そうなってくると働かなくてもよく、働きたい人だけ働くというような生活になります。

この状況はもはや定年後の人々の生活と一緒だと思います。

そうなると、自分の幸福の追求したくなるものです。

幸せの状態、楽しいと思えるような毎日を送りたいものです。

そのためにも、やはり自分の好きなことをまず見つけることです。

そして自分の好きなことを追求していく。時間かけてやり続ければ必ず向上していきます。仕事としての機会が見つかり、そこからさらに広がっていきます。

そうなってくると、後はこの循環を続けていくだけです。

人生はとてもシンプルです。そこまで難しいものでもありません。

自分の好きなことがわからないと言う人は、まずは様々なことをやってみてデータを集めることです。

自分になって何が楽しいのか。これは好きじゃない、楽しくないとわかることが大切です。

そのためにはたくさんの経験をすることだと思います。経験をすることによって、自分の頭に描いたものではなく皮膚感覚で、自分が好きであるかそうではないかはっきりします。

まずは、どんどん動いてみることです。

そして自分の好きな事は何かと言うデータを集めることが最初のステップになります。

次に、おぼろげながらも自分の好きなことがわかってくると思います。

そうなってくると、実際にそのことをに時間を割いてみてやってみることです。

すぐに結果を求めてしまいがちですが、人によってはすぐ結果が出るかもしれませんが、普通はタイムラグがあり、まずは続けていくことです。ポイントは、あまり期待をしないこと。そうではなく時間を費やして、自分の好きなことをやっていくことです。

自分には好きなことがない。自分ではできないとあきらめることなく、自分の好きなことやるぞという決意を持って、自分の好きなことを見つけていきましょう。

人生を100年以上ですもしかしたら、さらにプラスして約50年以上続くかもしれません。

この長い人生をどのような時を過ごせるかが大切なのではないでしょうか。そのためにも自分の好きなことやること、これが1番です

「モヤモヤ」するときにやること

モヤモヤすると思ったらノートに書き殴ること

頭の中はごちゃごちゃする、クリアにならないと思った場合は、自分の考えが頭の中に溜まった状態でいるからです。

頭をクリアにするには、その思考などたまったものを吐き出すことが必要です。

何事もインプットとアウトプットのバランスが大切です。

そのために、まず朝起きてから自分が思ったことを、ただ書きなぐって書き出す必要があります。

この時にゆっくり清書して書かない。とにかく思いついたことををそのままノートに書き殴ってしまうことです。

殴り書きでいいです。バッート書いてしまう。

書くということは、頭の中に溜まった考えを吐き出すことが目的です。きれいに書く必要はありませんなるべく、無意識に近い形で書きだすことです。

こんなこと書いてもいいのだろうか?こんなしょうもないこと書いてなんになるだろうかなと思うかもしれません。

けれども、思いついた事をノートに書くこと。文字化することによって頭の中がスッキリしてきます。

ノートに思ったことを書く行為は、1つのセラピーとも言われます。

このやり方は、世界的な有名なデールカーネギーの本でも述べられていました。

悩みが多い場合、ストレスを感じるときにノートに書き殴ることが良いとされてます。

また昨日、本屋でたまたま読んだ本でも、自分の思ったことをノートに書くことによって、自分のクリエイティブなスペースが生まれる。

ノートに書くという行為をやった方が良いと述べていました。

やることはとてもシンプルかもしれません。

けれども、朝起きてすぐにこノートに書き殴ると言うことが頭でもスッキリすると思いますので、一つ騙されたと思ってぜひやってみることをお勧めします。


「ファクトフルネス」を読んでみて

「ファクトフルネス」を読んでみて

この本は今、話題の本です。ビル・ゲイツ氏も勧めていた本でもあります。

この本を読んでみたかったことは、世界を確実に良くなっていると言うことが統計データからわかったことです。

私たちは、現在インターネットと自分自身の生活が必要不可欠なものとして存在しています。そして様々なメディアから情報を日々得ています。

ニュースを見ていると、毎日本当に様々なことが起こっています。世界中では紛争やテロなどネガティブな出来事が毎日のように起こっていると思ってしまいます。

世界は良くなっているのか、それとも悪くなっていいのか、わからなくなってくると思います。

けれども、統計データから見ると過去に比べて、世界はどんどんよくなっているようです。

貧困層が年々減っており、中間層が世界中で増えていると言う事実を示してくれました。世界は確実に良くなっている、そして今後もどんどんよくなっていくということが解りました。

この本を読んで面白かった事は、私たちは起こった出来事に対して、ついつい犯人探しをしてしまう思考になりがちだそうです。

確かに、何かしら事件が起こると誰が犯人だと無意識に探している自分もいました。

誰々が悪い、国が悪い、会社が悪いなどと誰かを犯人扱いし、問題が起きたのはその人のせいだしている傾向にあるのだと分りました。

Twitterではこの犯人探し思考が顕著ではないでしょうか。

誰かしらを犯人達扱いし、炎上させてその人が組織を辞めるまで、もしくは何かしらの謝罪に至るまで徹底的に批判してしまうこと。

その人一人が悪い、その人が辞めてしまえば問題は解決されてしまうと考えがちです。

けれども、この世界というのは、物事を掘り下げてみると、実は私たち全員の意識によって、世界は作られています。

だから、本当は誰か一人が悪いのではなく、すべてを自分事として捉ら得ていく。

この世界の結果を全て自分の責任と捉えることが、1番適切な考え方だと私は思っています。

なぜならこの世界と言うのは自分自身が作っている世界でもあり、自分が変われば世界が変わると思っています。

誰かのせいにするのではなく、自分事として捉える。

そして自分が何かしらのアクションを起こすそうすることによって、この世界と言うものは変わっていくと思います。

それと同時に世界は周りの多くの人の行動とテクノロジーによっても長期的な視点で見れば良くなっています。

これは貧困の国だけに限らず、私たちの日本の社会も変わっていると私は思います。

以前よりも、長時間労働が減り有給取得など社会の仕組みも少しずつ労働時間を減らし、自分の人生を楽しむこと。そして仕事と言うものは自分が好きなことやるんだという考え方が世の中に広がりつつあると思っています。

また、テクノロジーに関しても今後人工知能が発達し、これまでやってきた人間の労働も少しずつ代わりにやってくれるようになっています。

そしていずれはフリーエネルギーと言うのも夢ではないでしょう。

そうなってくるとエネルギーはタダ同然になり、この世界と言うものは劇的に良くなります。

お金に関しても、やがて社会はベーシックインカムを導入することになるでしょう。

そうなると、基本的に私たちは自分がやりたいことに毎日時間を費やせる。自分が好きなことを追求していくことが、仕事に変わってきます。

苦しい事を経験することもなく、生活のために仕方なく仕事をすると言うこともなくなってきます。

この世界を確実に良くなっています、そしてこの世界と言うものはまずは自分が楽しむことです。そんなことをファクトフルネスを読み考えました。

「写真」上達する方法

写真が上手くなるにはどうするか?

写真の上達のコツは、たくさん写真を撮って、たくさん写真を見ること。

圧倒的な時間を費やすことで写真を上達します。

写真を撮るたびに、何かしら学び、発見、気づきがあります。

もちろん、そこには失敗と言うものも含まれています。

この失敗の蓄積が、写真を上達するとつながります。

現在私は、写真を仕事をしておりますが、私が写真を始め出した時、いきなり写真学校へ入学しました。

入学当初、写真でやっていくと言うモチベーションもなく、ただ面白そうと言うだけでパリの写真学校に入学しました。

入学すると、周りの生徒はとてもレベルが高く、世界中から写真の勉強をしたいとモチベーション高い生徒たちばかりでした。

その中の生徒には、以前からプロフェッショナルと写真をやる人もいました。

全く写真もやったことのない自分がクラス中に混じって行くのは、最初はとても後ろめたい気持ちにもなりました。そしてなんだか恥ずかしい。

毎週、授業で自分の写真発表しなければならず、発表のたびに本当に自分の写真は下手でした。

そもそも自分が何を撮っていいのかもわからず、どうとっていいのかもわかりませんでした。

もちろん写真を上達したいため写真学校に入ったんですが、周りの人の写真を見ると自分のレベルの低さに愕然としました。

これまで写真を撮るのは、旅行に行って景色をただ撮るぐらいでした。

あまりのレベルの違いに、どうにか写真のレベルを上げたいと。常にどうすれば写真が上達するかを、意識して写真に取り組んでいました。

写真学校、自体は1年間のプログラムでした。

入学当初の自分の写真と、1年後の写真を見比べると自分でも驚くほど、全くもって違う写真へと変化していました。

明らかに写真の腕が上達していました。

この上達したコツは、やはりたくさん写真を撮った事。

毎日に写真を撮っていました。

そして授業でも写真家の写真を学んでいたので、人生で一番写真をたくさん見て学びました。

でどういった写真がいいと思うのか、人の心を揺さぶるのかを学べることができました。

そして、今の写真は何がいけないのか先生からの指摘も毎週受けていました。

指摘を参考に、自分の写真レベルを上げていきました。

写真を撮り以前に自分を振り返ると上達したなと思います。

写真をたくさん撮り続けること。とてもシンプルですがこれが真理だと思います。

RPGゲームのようなものです。敵を倒せば必ず経験値がもらえます。

いずれレベルアップします。

「天才の法則」でもあるように、その道のプロフェッショナルになるにはまず一万時間、時間を費やすことです。

必ず誰もが写真が上達します。どんどん写真を撮ってきましょう。

魅力的な人は、エネルギーが高い人

人のエネルギーの高さ

エネルギーの高い人ほど、魅力的でもあり、創造的な活動しています。

昨日、友達の展示会があったので四谷にあるスタジオに訪れてみました。

訪れた展示会は、別の人も作品を展示しておりその中の1人で、エネルギーが高く魅力的な人がいました。

その人を見たのは、展示会の帰る間際であり、その人がパフォーマンスとしてスウェーデンの国家を歌っていた、その姿しか見ることができませんでした。

けれども、その人が気になったので、その夜にネットで調べてみました。

その人は、中島幸雄さんと言う人でありスウェーデンで主に活動をしており、50年以上画家として、パフォーマーとして生きている人でした。

https://www.cinra.net/interview/201402-nakajimayoshio

いくつかネットでインタビューもあり、有名な方だと思います。

私はもう1人魅力的な方だと思う方も、ビジネスでも活躍しており同時に画家としても活躍しています。どちらにも言える事は2人とも、「愛」をテーマにしていることだと思います。

そして2人とも、愛に満ちている魅力的な存在です。

魅力的な人とは、愛に満ちている人です。

そして優しさがあり、人から好かれる人。そして同時に創造的な活動を旺盛に行っている人。

この2つを持っている人は、周りが放って置かない魅力的な人だと思います。どちら2人ともまた会いたいと思わせるような人です。

そしてもう一つ加えると、自分自身のことを好きなのだと思います。

自分自分を愛する、自愛に満ちた人が魅力的な人の特徴だと思います。

「朝走ること」は良い習慣であり、おすすめ

朝ランやってきました

朝走るなんて数年ぶりにやってみました。実際やってみると気持ちいい。

走った後は、爽快感があり、ポジティブエネルギーで満ちています

これを経験すると、確かに、朝走ることってメリットがあるなと実感しました。

まだ1日しかやってないので、これがほんとにいいのかはわかりません。

けれども、朝走る人が多いことから考えると、良い習慣でもあり、健康にも良いのだろうと思います。でこれからも定期的とは見えませんが、やっていきたいなと思ったのが率直な感想です。

これまでなぜ、朝走ると言うことをやってこなかったのか、理由は2つあると思います。

1つ目は、これまで朝方ではなかったので、朝早く起きると言う習慣がなかったこと

最近は比較的朝早く起きれるので突然朝、時間が余るときがあります。

今日朝走った理由も、朝起きて最初にブログなどをやったあと、ふと時間が余ったので何をしようかと思った時に、そうだ朝走ろうと思い立ったのが理由です。

そして朝走らなかった理由、その2。

朝起きて寒いので、なかなか外に行こうと言うエネルギーがわかないこと

朝の寒い中、部屋よりも寒い外へ行って走るというのはエネルギーが入ります。

寒いとなかなか外に行こうとは思いません。

それ以上にメリットがあるものがなければ行動ができません。

人は苦痛と快楽との法則と言うものがあります。人は苦痛を感じるまでなかなか行動を変えません。苦痛を感じるときに行動を変えようとするものです。

人生を変える方法として、朝一度でも走ること良いと思います。

昔はみな、「マインドフルネス」


子供はマインドフルネスである

マインドフルネスとは今にフォーカスすること

過去のことを考えたり未来について不安になる事はせず、「今」この瞬間に意識を向けること

私たちはなぜか、過去の事についてクヨクヨしたり、未来にを考えて不安になったりしがちです。けれどもこれらの事とは、要するに不要な事でもあり、ネガティブな考えの原因にもなります。

将来について考え、来るべき未来に対して今準備するというような考え方は、もっともそうな考えでもあります。

それでも、未来に対して、「恐れ」をベースにして行動してもあまり良い結果というのは得られないと思います。

そうではなく、今この瞬間をしっかりと五感で味わい、「今だけ」にフォーカスすれば、あまりネガティブな考えにとらわれる事は減ると思います。

今だけにフォーカスするとは、どのようなことなんでしょうか。

最も良い例だと思うのは、赤ん坊です。

現在、私は生後8ヶ月の子供がいます。

この子供を見ていると、赤ん坊こそがマインドフルネスを実現していると思います。

過去について思いを馳せることもなく、未来がどうなるか不安にもなることがなく。

ただ今この瞬間だけにフォーカスして生きています

今、感じること楽しければ笑い、嫌なことがあれば泣きます。

私たちは生まれた頃、マインドフルネスでした

なぜか大人になるにつれ、いいように言えば思慮深くもなり。悪く言えばネガティブな思考に陥ってしまいがちです。

だからこそ、心療内科に行く人は大人ばかりだと思います。

マインドフルネスで生きている子供は、メンタル的な病気とは無縁ではないでしょうか。

そして、このマインドフルネスとは科学的にも有効であることが証明されています。

少しづつでもいいので、過去や将来に思いを向けるのではなく、「今」にフォーカスしましょう。

「いい写真」を撮るには、勇気が必要

素人とプロフェッショナルの写真の違いは、どれだけ対象者との距離を縮めることができるかです。

写真を撮るときに、さらにもう1歩踏み込んで撮れるかどうか、その違いが大きいと思います。

とりわけ人を撮るときには、ついつい遠くからとってしまいがちです。

撮るときに、より半歩踏み込んで取れるかどうかで写真のインパクト、対象となる人の内面の表れを写真に出せるかどうか違ってきます。

有名な戦場カメラマンのロバート・キャパも「君が写真が下手なのはもう1歩踏み込めないからだ」と言っていたように、もう1歩踏み込んで取る勇気が必要です。

そう言ってる私も、ここ最近自分の写真にいまいち物足りなさになさを感じていました。

私の好きなマグナムグループのクリストファーアンダーソンの写真と、自分の写真を見比べていて何が違うのかを考えていました。

そこで気づきました、自分が撮っている写真は遠くからしか取れていない。モデルとなる人との距離が遠い、だからこそあまりインパクトのない写真になるんだなと気づきました。

これはとりわけ写真を始めた人は、より顕著に現れてくると思います。

人の前に立って遠くから取ると言うのは、親的にはあまり負担にもなれなく簡単に撮れます。

近づいてより近く状態で撮るのは、やはり心理的にも負担を感じます

お互いに違和感パーソナルスペースを侵入しているようでもあり、精神的に違和感を感じます。

とりわけ日本では面と向かって話すときの、パーソナルスペースは広いです。

人物を撮るときの写真のコツは、様々なテクニックがあるかもしれません。

それ以上に大事な事はモデルの人との距離を縮めること。より一歩踏み出して写真を撮ること。

どれだけ距離がを縮めることができるかが、写真家の腕の見せ所でもあります。

どれだけその人と心理的な距離も縮められることができるか、対人関係力を高めていくことが写真家に求められます。

写真家には、勇気が求められます

そしてその勇気と言うものが、時に人を感動させるインパクトを与える。写真の中にストーリーが入ったものとなります。

クリエイティブなことをすると「批判」がついてくる

批判されるんだと言う覚悟を持つ

ますます私たちはクリエイティブになります。クリエイティブな人が増えてきます。これからの時代、クリエイティブな職業がスタンダードになってくる。

クリエイティブな活動に必ずついてくるのが、「批判される」こと。

なるべくなら批判されたくない

人は深い意識の中に批判されることに対して「恐怖」と言うものが備わっています。

批判されると言うことに「恐れ」を抱いている。

しかし、クリエイティブな活動をするには必ず「批判」はついてくる。避けては通れません。

この批判と、うまく付き合うことがクリエイティブな活動をするポイントとも言える。

ある映画監督が言ってました「映画を作ると言う事は批判され続けると言う覚悟を持つこと」であると。

批判されて傷つきたくない。批判されることが怖い。

これは誰しもが持つことです。

ここから逃れることができません。ものを動かすと摩擦が発生するのと同様です。批判と上手に向き合うことが大事だと思います。

ではどうすればうまく批判と上手に付き合うことができるか。

それは覚悟・決意を持つこと。批判されるんだと。批判される前提だと、もちろん批判されたくはないですが、批判を理由にクリエイティブなことをブレーキさせることが軽減します。

そして、批判されると言うことをポジティブなラベルを貼ることだと思います

注目されると言う事は、批判されると言う事でもあります。

例えばYouTube YouTube。自分がすごいいい動画があったりします。その動画には必ずネガティブなコメント、批判的な評価があります。

批判と共に生きる。そして自分自身を愛する。自分自身が自分のサポーターになることだと思います。



今、うまくいかないなと思っている時

最近何だかうまくいっていないと思うときには、自分の思っていること、考えていることを見直す良い機会です

停滞感を感じるには、何かしら理由があります

停滞感を感じない時は、自分にとって心地よい状態でいること、自分がワクワクすることをに沿った生き方をしているので、そこには停滞感を感じません。

これで良いのだろうか、この先どうしようかなどと考えるタイミングは、自分のワクワクする本質とずれているから出てくる現象です。

このタイミングを、ネガティブに捉えることなく、ポジティブに捉えましょう

それは今こそが自分の考え方を見直す良い機会です。

例えばジャンプ。

ジャンプは今の自分よりもより高く飛躍できます。

けれども、このジャンプするタイミングの前に一度しゃがんでいます。

しゃがんだからこそ高く飛べます。

これは今、自分がうまくいっていない。停滞していると言うタイミングも同じです。自分の人生を飛躍する前の段階です。

このタイミングはチャンスです。自分の考えかたを見直す良い機会だと思います。

このようなことを感じないと、人はなかなか内側にフォーカスする事はありません。

この機会をしっかりと活用して、自分の内側を見つめ直してください。

自分の内側を見つめ直すとは具体的に言うと、自分の考えをノートに書き殴ってみること。

今の自分はどんなふうに思っているのだろうかと、自分に問いかけてみることです。

不思議なもので、問いかけてみると必ずそれに対して答えが自然とあるときに思い浮かんできます。

それが気づきとも言えます。

人は、気づきを得れば得るほど成長できます。

気づきとは成長です

停滞している時こそチャンスです。自分の内面にしっかりと向き合っていきましょう。