浅草・吉原の花魁道中

東京・浅草で行われた吉原を再現した祭り

浅草で毎年行われる花魁道中を、4月13日に見てきました。

初めてでもあり、以前からポスターを見て興味を抱き開始時間に奥浅草へ行くことにしました。

東京・浅草の花魁道中の女性ら(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

そこには本当に多数の人が既にきており、花魁の方々が通るであろう場所は、既に何列にもなり人が場所を取っていました。

花魁の方々が通って来ても、写真を撮るにも、人が多く遠くからしか撮ることができませんでした。

東京・浅草の花魁道中の人々(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

この道中は、花魁の方々が行きの道中、帰りの道中と時間が決まっていたので、帰りの道中の始まる1時間前に場所を確保して、しっかりと写真を撮ることができました。

それにしても、本当に花魁の方々は美しい。江戸時代の吉原を花魁を再現しているようです。

東京・浅草の花魁道中の女性(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

江戸・吉原の遊女というのは、歴史小説でしか読んだことがなく、初めて見ることができましたが、想像以上に美し、驚きました。

歴史があり、かつ今でも残っているのが日本の良さでもあります。

東京・浅草の花魁道中の人々(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

多くの海外からの観光客も多く、そこまで知られていないこのパレードに参加しているのも、驚きでした。

東京・浅草の花魁道中の一同(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

また、来年も早めに席を確保して、写真撮りに行こうと思いました。

東京・浅草の花魁道中の一同(2019年4月13日撮影)。(c)Junpei Tanaka

瞑想を歯を磨くように習慣化する

瞑想とは筋トレのようなものである

瞑想はやればやるほどより効果的に深い意識に到達します

瞑想ちょっとやったからといって、うまくいかないと悩む必要はありません。それは筋トレを少しして、すぐにボディービルダーになれないと悩んでるようなものです。

瞑想を日々の習慣にすることが1番大切なことだと思います。やればやるほど瞑想は上達していきます。

朝起きてからすぐに瞑想。寝る前の就寝時に瞑想の1日に最低2回は時間を確保して瞑想してみてください。時間としてはおよそ15分前後で良いと思います。

大切な事は無理のない範囲でやること。そしてできる範囲で毎日やるように心がけることです。

瞑想を歯を磨くように毎日の習慣にしてしまえば自然と瞑想力が上がってきます。そして今までの瞑想する前の自分とは異なりより、ストレスを軽減し穏やかにマインドフルネスな思考も身についてきます。

まとめ

最初の目標として、瞑想を習慣化すること。1日2回朝起きた直後、就寝前。およそ15分前後。